トップページ > 研修会開催予定

研修会開催予定

平成28年度における研修会開催予定

平成28年度における一般社団法人食品衛生登録検査機関協会主催の技術研修会及び業務管理研修会の年間開催概要(予定)を下記に示します。

なお、開催時までに、研修会内容、構成等に若干の変更がある場合がございますので、参加に当たっては各研修会開催の直近の情報をご確認ください。

1.初心者研修会
開催日: 平成28年7月1日(金)
開催場所: 食品衛生センター 5階講堂
参加対象者: 理化学試験部門の新入社員及び検査実績経歴4年程度の担当者(会員、非会員)
講師: 会員、メーカー
研修様式: 座学1日研修
研修概要:
  1. 検査機関における業務管理要領の遂行について
  2. 標準品、試薬等の保管管理について
  3. 輸入食品等のサンプリングの基礎と留意事項
  4. 残留農薬等試験と精度管理について
  5. 食品添加物試験の概要と信頼性確保への取り組み並びに検査員としての留意事項
  6. 食品分析前処理で用いられるミニカラムの考え方と基本的使用方法について
  7. 電子天びんの誤差要因と点検方法について
2.精度管理研修会
開催日: 平成28年7月29日(金)
開催場所: 食品衛生センター 5階講堂
参加対象者: 試験部門の検査従事者及び試験品採取担当者を含む業務管理担当者等(会員、非会員)
講師: 厚生労働省、関連団体、会員
研修様式: 座学1日研修
研修概要:
  1. 登録検査機関の役割と業務管理要領について
  2. 国際的に求められる試験所の信頼とは(ISO/IEC/17025改正動向を踏まえて)
  3. 分析機関が抱える課題について(残留農薬分析への取り組み)
  4. 第37回コーデックス分析・サンプリング法部会(CCMAS)の参加報告
  5. 海外における食品検査機関の展開と信頼性確保
3.マイコトキシン研修会
開催日: 平成28年9月28日(水)
開催場所: 食品衛生センター 5階講堂
参加対象者: 検査部門における検査従事者(会員、非会員)
講師: 国立医薬品食品衛生研究所、中央水産研究所
研修様式: 座学半日研修
研修概要:
  1. マイコトキシン汚染の状況について
  2. 貝毒の規制について
  3. 貝毒の汚染と検査方法について
  4. その他 等
4.食品添加物研修会
開催日: 平成28年10月21日(金)
開催場所: (公社)日本食品衛生協会 食品衛生研究所(研修施設)
参加対象者: 検査部門における検査従事者(会員、非会員)
講 師: 厚生労働省、国立医薬品食品衛生研究所、会員、メーカー
研修様式: 実技1日研修
研修概要:

(1)講演

  1. 食品添加物規制の最近の動向
  2. 食品添加物概論
  3. その他 等


(2)実技研修

  1. 二酸化硫黄分析
  2. 食品添加物分析におけるミニカラム分離精製について
  3. その他 等
5.微生物研修会
開催日: 平成28年11月18日(金)
開催場所: 食品衛生センター 5階講堂
参加対象者: 検査部門における検査従事者(会員、非会員)
講 師: 厚生労働省、国立医薬品食品衛生研究所、関連団体、メーカー
研修様式: 座学1日研修
研修概要:
  1. .改正された食肉製品の試験法について
  2. 食品からの微生物標準法検討委員会の活動について
  3. 食品企業が取り組む衛生管理
  4. 迅速・簡易法による微生物検査について
  5. 微生物検査の妥当性評価の方法について
  6. 食品安全行政のHACCPへの取り組みと検査機関への影響
6.器具・容器包装研修会
開催日: 平成28年12月2日(金)
開催場所: 食品衛生センター 5階講堂
参加対象者: 検査部門における検査従事者(会員、非会員)
講 師: 厚生労働省、国立医薬品食品衛生研究所、関連団体、メーカー
研修様式: 座学半日研修
研修概要:
  1. 食品衛生法に関する規格基準の動向について
  2. 器具・容器包装試験法に関わる検討事項について
  3. 器具・容器包装における海外の規制について
  4. その他(PL制度への取り組みなど)
7.残留農薬等研修会
開催日: 平成29年1月19日(木)、20日(金)
開催場所: 食品衛生センター 5階講堂(座学)、機器メーカーラボラトリー(実技研修)
参加対象者: 検査部門における検査従事者(会員、非会員)
講 師: 厚生労働省、国立医薬品食品衛生研究所、会員、メーカー
研修様式: 1泊2日座学及び実技研修
研修概要:

(1)講演

  1. 食品中の残留農薬等の規制と動向について
  2. 残留農薬公示試験法の検討部会での実施状況及び海外情報の話題
  3. 残留農薬試験における分離精製(ミニカラム処理)
  4. 残留農薬試験における抽出操作における留意点(ロータリーエバポレーター)
  5. その他 等


(2)実技研修

  1. GC/MS/MS又はLC/MS//MSによる残留農薬分析について
  2. その他 等
8.業務管理研修会
開催日: 平成29年2月3日(金):東京、2月17日(金):大阪
開催場所: 東京(食品衛生センター 5階講堂)、大阪(薬業年金会館)
参加対象者: 信頼性確保部門担当者及び指定された者(会員、非会員)
講 師: 厚生労働省、厚生局、国立医薬品食品衛生研究所、関連団体、会員、メーカー
研修様式: 座学1日研修
研修概要:
  1. 平成28年度に実施した立入検査の主な指摘・検討事項について
  2. 直近の改正された規格基準や新たに通知等で示された試験法等の解説
  3. 内部精度管理の国際的なガイドラインについて
    (IUPAC、ISO及びAOACによるハーモナイズガイドラインの解説)
  4. 国際的な検査機関に求められる試験所技能試験について
    (ISO/IEC17043、FAPAS、FEPASについて)
  5. 平成28年度の外部精度管理調査結果と平成29年度実施予定について